もしもの時にいい葬式社をお選びください。

みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介




家族葬・葬儀の豆知識

葬儀でよく使われる用語集

投稿日:

blickpixel / Pixabay

お葬式では普段あまり使わない言葉を耳にしますね。

葬儀を取り仕切る立場になったとき、葬儀社との打ち合わせなどでは聞きなれない専門用語がたくさん出てきます。

いざというときに慌てないよう一度目を通しておきましょう。

葬儀でよく使われる用語

葬儀でよく使われるーあ行ー

【遺影:いえい】故人の生前の姿をうつした写真・絵
【遺骨:いこつ】死者の骨
【遺族:いぞく】死者の家族
【一周忌:いっしゅうき】死後一年の同月同日に行う法事
【位牌:いはい】死者の戒名を書いた木の札
【お布施:おふせ】僧侶へ読経や戒名を頂いた謝礼として金品を渡すこと

葬儀でよく使われるーか行ー

【会葬:かいそう】葬儀に参列すること
【会葬礼状:かいそうれいじょう】会葬者に渡すお礼状
【会葬礼品:かいそうれいひん】会葬者に渡すお礼品
【戒名:かいみょう】僧が死者につける名前、一般的に遺族が菩提寺に依頼して授かります
【火葬:かそう】死者を焼却すること
【忌明け:きあけ】喪の期間が終わること、いみあけとも言われる
【忌中:きちゅう】身内に死者がでた際、喪に服す期間、49日または50日をさします
【北枕:きたまくら】死者を安置する際に頭を北の方向にむけること
【忌中札:きちゅうふだ】喪家の入口に「 忌中」と書いて貼る札
【脚絆:きゃはん】仏衣を死者に着せるとき脚に巻くもの
【供花:きょうか】仏前に花を供えること、その花
【釘打ち:くぎうち】出棺の前に遺族が石を使って棺の釘を打つ儀式
【供物:くもつ】死者に供える物
【供養:くよう】死者の霊に供え物をして冥福を祈ること
【献花:けんか】霊前などに花を供えること、その花
【献灯:けんとう】葬儀の際、ローソクに火を灯すこと
【香典:こうでん】死者の霊前にそなえる香に代わる金銭
【香典返し:こうでんがえし】香典のお礼として品物を返すこと
【骨壺:こつつぼ】遺骨を収納する壺のこと

葬儀でよく使われるーさ行ー

【祭祀:さいし】神様やご先祖様を祭ること
【斎場:さいじょう】葬儀場のこと
【祭壇:さいだん】神、仏に供物をささげるために設ける壇
【散骨:さんこつ】遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にした後、海や山等でそのまま撒く葬送方法
【四十九日:しじゅうくにち】死後49日目の法要
【死亡診断書:しぼうしんだんしょ】医師が患者が死亡したことを判定し発行する証明書
【死化粧:しにげしょう】遺体の顔や髪を整え化粧をすること、女性は口紅を塗ったり男性の場合ではひげを剃ったりします
【死装束:しにしょうぞく】遺体に最後に着せる服のこと
【死亡届:しぼうとどけ】死亡者の戸籍を抹消するため、市区町村それぞれの役所に死亡診断書を届けること
【社葬:しゃそう】会社の社長や会長、代表者、またその企業に大きく貢献した人が亡くなった時に企業主体で行う葬儀のこと
【拾骨:しゅうこつ】火葬後に焼骨を拾い、骨壷に収めること、骨上げ、収骨ともいいます
【出棺:しゅっかん】死者の棺を家または斎場から火葬場へ送り出すこと
【焼香:しょうこう】仏の功徳をたたえたり死者を弔うために香を焚くこと、仏を供養する際や死者との別れに用います
【焼骨:しょうこつ】故人を火葬し、焼かれて残った骨
【精進落とし:しょうじんおとし】かつては四十九日の忌明けに食べる料理のことでしたが、現代では火葬場から戻った際、親族やお世話になった方へ酒食をふるまう宴席のことを呼ぶのが一般的になっています
【初七日:しょなぬか】亡くなった当日を含め7日目に行う法事、しょなのかとも言います
現在は葬儀後に繰り上げて行っています
【葬家:そうけ】亡くなった方の家族のこと
【即日返し:そくじつがえし】葬儀当日にする香典返しのこと

葬儀でよく使われるーた行ー

【弔辞:ちょうじ】葬儀の際に披露する、故人への最後の別れの言葉
【弔電:ちょうでん】お悔やみの電報のこと
【追善供養:ついぜんくよう】故人の命日に法事を行い、冥福を祈って供養すること
【手甲:てっこう】死装束の仏衣で用いる手の甲を覆う布や革のこと
【答礼:とうれい】遺族が参列してくれた方へ対してお礼をすること
【友引:ともびき】六曜という暦のひとつで、凶事に友を引くと言われ、葬儀、法事は一般的にこの日を避けて行います
【読経:どきょう】声を出してお経を読むこと

葬儀でよく使われるーな行ー

【年忌法要:ねんきほうよう】故人を偲び追善供養を行うこと、死後満1年目に1周忌を営み、その翌年2年目を3回忌とします、その後7.13.17.23.27.33回忌と、3と7のつく年に実施し、一般的には33回忌で終わります
【念仏:ねんぶつ】仏の名を唱えること、南無阿弥陀仏など
【納棺:のうかん】遺体を棺に納めること
【納骨:のうこつ】骨を墓地の納骨堂に納めること
【野辺送り:のべおくり】遺体を火葬場や埋葬地まで見送ること

葬儀でよく使われるーは行ー

【箸渡し:はしわたし】焼骨を箸で渡し骨壷に入れること、一般的に骨を2人1組で挟みます
【花輪:はなわ】造花や生花を輪の形に作ったもの
【彼岸:ひがん】春分、秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと(年間で計14日間)死者を追悼する季節を意味し、一般的にこの期間にお墓参りをします
【副葬品:ふくそうひん】火葬時や納骨時に一緒に納める遺品などのこと
【仏壇:ぶつだん】仏像や位牌を安置し礼拝するための壇
【返礼品:へんれいひん】香典返し、引き物等
【法事:ほうじ】法要1周忌、3回忌など追善供養の仏教の儀式仏事のこと
【菩提寺:ぼだいじ】先祖代々の位牌やお墓が置いてあり、葬儀や法事を行う寺のこと
【盆:ぼん】お盆のことで、生前過ごした家に帰って来るとされる死者の霊を供養する行事

葬儀でよく使われるーま行ー

【枕飾り:まくらかざり】亡くなってからお葬式までの間、遺体の枕元に簡易的な祭壇を作ったもの
【枕机:まくらづくえ】死者の枕元に置き、供物などを供える机のこと
【枕直し:まくらなおし】死者を安置する際に北枕にし枕飾りをすること、故人を囲み冥福を祈ります
【枕飯:まくらめし】新しく炊いたご飯を茶碗に高く盛りつけ枕元に供えること、箸を2本または1本上から立てるなど日常と異なる供え方をします
【末期の水:まつごのみず】亡くなったばかりの人の口に人生最後の水を含ませ潤すこと、割り箸の先を脱脂綿やガーゼで巻き、水を含ませ、家族や兄弟など縁の深い近親者が順番に死者の唇を潤します
【喪主:もしゅ】遺族を代表して葬儀を主宰する者
【喪章:もしょう】遺族関係者が葬儀の際に身に付けるもの
【喪中:もちゅう】遺族が喪に服していること、その期間、死者との関係によりますが一般的に死後1年を言います

葬儀でよく使われるーら行ー

【霊安室:れいあんしつ】病院や警察などに設けられている遺体を一時安置する部屋
【六文銭:ろくもんせん】三途の川の渡し賃として死者の棺の中に入れるお金のこと

 

まだまだ一部ですが、読み方も独特なものがありますね。

意味もわからず葬儀を進めてしまうことのないよう、恥ずかしがらず担当者に確認しましょう。




家族葬をする前に

1

大切なご家族が亡くなったとき、やらなければいけないことのひとつが葬儀会社を決めることです。 人の死は突然ですから、その日を迎えたときに大抵の人は慌てて何をしていいかわからなくなってしまいます。 依頼す ...

2

Tumisu / Pixabay 大切なご家族とのお別れ...金銭的な面での後悔や揉め事には巻き込まれたくありませんよね。 しかし、葬儀を取り仕切る立場になるという経験はそうそうないものです。 どうし ...

3

burrowsp / Pixabay 最愛の方との最期のお別れ… 悔いの無い、いいお葬式をあげたいですよね! では、いいお葬式とはどの様なものでしょう… お金をかけて派手に盛大に送ること? 小さくても ...

-家族葬・葬儀の豆知識

Copyright© みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.