もしもの時にいい葬式社をお選びください。

みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介




家族葬・葬儀の豆知識

葬儀のお花について

投稿日:

suju / Pixabay

親族や親しい友人など、縁の深い方の葬儀には、弔意を示すためにお花を送ります。

このお花は供花(きょうか)と呼ばれ、遠方や体調不良など何らかの事情で葬儀に参列できない人が贈ったり、香典の代わりに贈られることもあります。

供花の手配に際しても知っておいた方がよいマナーがいくつかあります。

訃報を受けたときには誰もが動揺してしまうものですが、大切な方とのお別れに失礼と後悔のないよう、あらかじめ心得ておくとよいでしょう。

 

供花は、故人の死を弔う(とむらう)気持ちとして贈ります。

死者の霊を慰めると同時に、葬儀会場を飾る意味合いもあります。

必ず用意する必要はありませんが、身内や特に親しい友人には香典の他に贈ることで、追悼の気持ちがより伝わるでしょう。

供花の費用相場は一基(いっき)7,500~15,000円程度です。

一対(いっつい)の場合はニ基分ですので、代金は倍になります。

籠やアレンジメントは比較的安価になります。

用いる花や季節などによってもデザインや見た目の印象が異なります。

 

供花の手配は葬儀社や花屋に依頼するのが一般的ですが、最近ではネットでも注文出来ます。

しかし、最も確実な方法は葬儀社へ依頼することです。

花屋を併設している葬儀社も多く、時間に余裕がなくても出来る限りの対応をしてもらえます。

会場内や他のお花の雰囲気にも合わせてもらえるので安心です。

お花のランクが高ければいい訳ではありません、故人との縁が深い方よりも豪華なお花を贈ることは避けたいですね。

依頼者側から尋ねない限り、業者側からランクを下げた方がいいというアドバイスはされないでしょうから、注文してしまう前に他の方とのバランスを尋ねてみるとよいでしょう。

 

供花を注文するときは、日程と喪家(喪主)の名前、葬儀会場などをあらかじめ確認しておきましょう。

葬儀社によっては他店で購入した供花を持ち込めない場合もありますので注意が必要です!

どうしても、ご自身でお花を選びたいという方は、花屋またはネットで注文すると良いでしょう。

その際は担当葬儀社に、他で手配した供花の持ち込みがOKなのか、何時までに搬入したらよいかを確認しておきましょう。
また、他との調和が取れるお花の種類を聞いておくとスムーズです。

 

供花を送る際の注意点として、式に間に合うように手配することは大前提です。

通夜が行われる葬儀では、通夜の時間に間に合わない場合、翌日の告別式までに準備するのでも問題はありません。

また、季節によって取り扱うお花が変わる場合、カタログの写真と若干異なることがありますが基本的に単価が変わることはありません。状況によって価格相場が変わるなど、金額を表示しないような業者は注意が必要です。

宗教によっても最適な供花の種類は異なります。

【仏教】
仏教では、菊・百合・カーネーションなどの花がよく使用されます。白など落ち着いた色合いのものが多く派手な色のお花は使われません。基本は生花ですが、近年は造花を使うこともあります。

広いスペースがある場合には2基1対のフラワースタンドを贈るのが一般的でしたが、小さなお葬式が主流になりつつある近年では1基だけ贈ることが多いようです。

【神道】
神道(しんとう)の形式で行われる神葬祭では、仏教の場合と同様に菊や百合などが多く使用されます。送り方は仏教の場合と同じで構いませんが、葬儀会場に、お花を贈ってもいいか?どのようなお花をいつまでに届ければいいか?の確認を取りましょう。

本来神道では榊が送られていましたが、近年では祭主が榊を供え、他の人が花を供える形式が多くなっているようです。

【キリスト教】
キリスト教では、百合・カーネーション・バラ・小菊などの生花が基本となります。また、名札は付けないのがマナーです。

知人がお花を贈る際は、代表的なスタイルの籠花アレンジで、故人の自宅に贈るのが原則です。

故人の枕辺に供えられた後、教会や斎場に持ち運ばれ祭壇に飾られます。

直接教会へ贈る場合には、司祭または牧師に必ず事前の確認をとりましょう。

また、キリスト教の特徴的なアレンジメントとしては、クロスとハートがあります。
クロス(十字架型のアレンジメント)は肉親や友人、教会仲間が贈ります。

ハート型は親族や特に親しい友人が送るもので、永遠の愛と追想の象徴として贈ります。
これらは日本ではあまり馴染みがないため、取り扱っていないこともあります。

お花1つでもルールやマナーが多いですね。
特に宗教によるマナーの違いでは、失礼にあたることもありますから注意し、わからないことは担当の葬儀社に確認するとよいでしょう。




家族葬をする前に

1

大切なご家族が亡くなったとき、やらなければいけないことのひとつが葬儀会社を決めることです。 人の死は突然ですから、その日を迎えたときに大抵の人は慌てて何をしていいかわからなくなってしまいます。 依頼す ...

2

Tumisu / Pixabay 大切なご家族とのお別れ...金銭的な面での後悔や揉め事には巻き込まれたくありませんよね。 しかし、葬儀を取り仕切る立場になるという経験はそうそうないものです。 どうし ...

3

burrowsp / Pixabay 最愛の方との最期のお別れ… 悔いの無い、いいお葬式をあげたいですよね! では、いいお葬式とはどの様なものでしょう… お金をかけて派手に盛大に送ること? 小さくても ...

-家族葬・葬儀の豆知識

Copyright© みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.