もしもの時にいい葬式社をお選びください。

みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介




家族葬・葬儀の豆知識

葬儀における香典について

投稿日:

香典とは故人への供養のため、お線香やお花の代わりに死者の霊前に供えるものです。

また葬儀という急な出費に対して、遺族を経済的に助けるという意味もあります。

香典袋(不祝儀用ののし袋)に現金を包み、お通夜またはお葬式(葬儀)のどちらかに持参します。

宗教や宗派によって異なるルールがあり、故人やその遺族とのおつきあいの深さによっては、お包みする金額も違ってきます。

袋の種類、書き方、渡し方、金額、お金の入れ方など、様々な決まり事がありますから、知らないと失礼にあたるだけではなく、恥ずかしい思いをすることになります。事前に一般的なマナーを心得ておきましょう。

香典の金額は、故人との関係性や包む側の年齢、社会的地位などによっても変わってきます。

一定の相場はありますが、地域のしきたりや葬儀の規模によっても異なる場合がありますので、相応する金額を同じ立場の方と相談してもよいでしょう。

ご自身の親族の葬儀などで以前にその方から香典を頂いている場合には、同じ額をお包みするのが普通です。

しかし、当時より付き合いが明らかに深まった場合、その限りではありません。現時点での関係性を考慮した金額をお包みするのが望ましいでしょう。

一家の主が亡くなった場合などは多めに包みますが、多ければ良いというわけではありません。

遺族が香典返しで悩まない程度の金額にしましょう。

通夜や葬儀にどうしても参列できない場合は、郵送してもかまいません。

香典を不祝儀袋に包み、現金書留の封筒に入れて送ります。

その時には、参列出来ないお詫びと、お悔やみの言葉や悲しみの気持ち、冥福を祈る言葉などを手紙にし一緒に送りましょう。

 

香典を包む不祝儀袋の表書きは宗教によって異なります。

仏式では「御霊前」「御仏前」「御香典」
神式では「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」
キリスト教では「御花料」「御ミサ料(カトリックの場合のみ)」
などとします。

先方の宗教を確認することが前提となりますが、急な訃報などやむを得ない理由で宗教を確認できない場合には「御霊前」とするのが無難とされています。

しかし浄土真宗に関しては「御霊前」の表記は使えません。参列する時に浄土真宗とわかっている場合は、間違わないように注意してください。

また、自分の名前は「墨が涙でにじんでしまった」「すずりに落ちた涙で墨が薄くなった」という意味から、故人に対しての悲しみを表す薄墨で書くのが望ましいとされています。

自宅に薄墨がなければ、普通の墨を使っても問題はありませんが、ボールペンや鉛筆で書くことは避けましょう。

慶弔用のスタンプというものも販売されています。 自分の字に自信が無い、字を書くのが苦手な方には便利ですね。

薄墨用のスタンプ台も販売されていますので、気になる方は購入されてみてはいかがでしょうか?

ただ、受け取られる遺族の中には気にされる方もいらっしゃいます。

失礼にあたらないよう、出来るだけ薄墨を使って手書きで書くようにしましょう。

また、香典の額に見合う不祝儀袋を選ぶことも大切です。

5千円までなら水引が印刷された香典袋が良いでしょう。額が少ないのに香典袋だけがが立派だと少し恥ずかしいですね。

1~2万円を包むなら黒白または双銀の水引(7~10本)がついたものが良いでしょう。

3万円以上の金額を包むのであれば香典袋もグレードの高いもの(水引が10本以上)を用意しましょう。

10万円以上の場合には、大判でひだ折りのある級和紙で作られた香典袋がおすすめです。

香典に使うお札は、わざわざ新券を用意する必要はありませんが、なるべく綺麗なものがいいでしょう。

以前は「亡くなることを見越して、あらかじめ用意していたと解釈されないために使用済みのお札を包む」というのが礼儀とされてきました。

しかし最近では見解が変わってきています。たしかに、ヨレヨレで汚れたお金を包むのは失礼ですよね?

それでも新券を使うのは抵抗があるという方は、軽く折り目をつけてから包みましょう。

お札を入れる場合は、開いたときに表(顔のある方)が見えないよう、裏が見えるようにするというのが一般的です。

お札の裏表について気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には向きを揃えて入れるようにしましょう。

このように、葬儀では香典1つにおいても様々なルールや古くからのしきたりがあります。

しかし、全てマニュアル通りに出来るものではありませんよね。

特に葬儀では、思いがけない訃報を受け、急いで駆け付けたという気持ちも大事なのです。




家族葬をする前に

1

大切なご家族が亡くなったとき、やらなければいけないことのひとつが葬儀会社を決めることです。 人の死は突然ですから、その日を迎えたときに大抵の人は慌てて何をしていいかわからなくなってしまいます。 依頼す ...

2

Tumisu / Pixabay 大切なご家族とのお別れ...金銭的な面での後悔や揉め事には巻き込まれたくありませんよね。 しかし、葬儀を取り仕切る立場になるという経験はそうそうないものです。 どうし ...

3

burrowsp / Pixabay 最愛の方との最期のお別れ… 悔いの無い、いいお葬式をあげたいですよね! では、いいお葬式とはどの様なものでしょう… お金をかけて派手に盛大に送ること? 小さくても ...

-家族葬・葬儀の豆知識

Copyright© みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.