もしもの時にいい葬式社をお選びください。

みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介




家族葬・葬儀の豆知識

葬儀の服装・持ち物【家族葬の豆知識】

投稿日:

喪服とは、本来ご遺族が「喪に服している」ということを意味するもので、正喪服と準喪服と略式があります。

正喪服とは

一周忌までの法要の席で、喪主や親族、近親者など主催する側の人が着用する喪服のことです。

準喪服とは

一般的な喪服のことです。喪主や遺族が着用することもありますが、一般参列者としてお通夜やお葬式に伺う際には準喪服を選びましょう。

略式(略喪服)とは

急な弔問や三回忌以降の法要で一般の参列者が着用する、礼服ではない地味めな服装のことです。露出が少なく、なおかつカジュアルにならない服装であれば、男性も女性も黒をはじめ濃紺などのダークカラーでも失礼にはなりません。

 

葬儀の際、喪服を着るのは前提ですが、メイクや持ち物などにも気を配りましょう。

葬儀の場にふさわしくない服装・持ち物

参列する際、毛皮や動物の皮とわかる爬虫類系の皮革などは、殺生をイメージさせるため避けた方がいいでしょう。革製品を身に着ける場合は、ツヤを抑えたものを選びましょう。
また、光沢のある装飾品も弔事にはふさわしくありません。
意外と見落としがちなのが傘です。悪天候の時には傘を持参しますが、黒や紺など地味な色合いの傘を選びましょう。
派手な色の傘しか持っていない時は透明のビニール傘を持参しましょう。コンビニなどでも売っています。

肌の露出を控える

葬儀に参列、あるいは法要に出席する際、必要以上に肌を露出させないように気を付けましょう。

喪服の素材は黒で透け感のないもの、女性のスカートの丈は膝下が基本です。

袖丈は長袖もしくは5分袖以上のものにしましょう。

インナーもできるだけ黒に近いものが安心です。

喪服はそもそも露出が少ないよう作られていますが、ふと前かがみになった時や袖口から見えるというアクシデントもないとは言い切れません。

冬場の参列

冬場はコートを着用することになりますが、こちらも派手な色や毛皮、革製のものは避けましょう。

手袋やマフラーなども同様です。

また、葬儀会場に入る前に脱ぐようにしましょう。

大半の葬儀場ではクロークを設置していますが、無い場合は手荷物として持ち込むことになります。

屋外での葬儀の場合はお焼香の時のみコートを脱ぎ、それ以外は着用していても差し支えありません。

ネイルアートをしている場合

急な訃報を受けた時、ネイルアートはどうしたらいいでしょうか…
通常のマニキュアであれば、落としていきましょう。

ベージュ系の落ち着いたデザインであればそのままでも大丈夫ですが、ストーンがついていたり判断を迷うような場合は落としていくと安心です。

派手なネイルアートはもちろんNGです。

ジェルネイルで派手なアートをしている時は、自分で落とせれば問題ありませんが、素人がやると爪に傷をつけることがあるので、あまりオススメ出来ません。

絆創膏で隠すというのも、10本の指先全てに貼ってあるのは不自然ですね。

ネイルサロンに行く時間もない場合は、上からベージュ系のマニキュアを塗ると目立たなくなります。

白いマニキュアを塗ってからベージュ系を重ねると透けにくくなります。
※重ねたマニキュアを落とす時には、ジェルネイルに影響しないようアセトンフリーのものを使うとよいでしょう。

どうしても隠せない場合に、黒い手袋で手を隠すという方法が紹介されていますが、お焼香の時には外すのがマナーです。また、会食に出席するような間柄の場合、食事中は外さなければなりません。

妊娠中の場合

マタニティー用の喪服も売られていますが、妊婦の時に葬儀に参列することは限られますし、着る機会も少ないので購入するのは躊躇してしまいますね。

一般的に妊婦の方は「黒」の服装であれば特に問題ないとされています。

普段着ている地味な色合いのマタニティウエアに黒いジャケットやカーディガンを合わせて着用するといいでしょう。

お腹はまだ目立たないけれど、持っている喪服は着られない場合など、どうしても必要であれば、貸衣装やレンタルを利用するのがよいでしょう。

子供・学生の場合

制服がある場合には制服を着用しましょう。黒白以外の色や柄があっても気にしなくてかまいません。

制服が無い場合には…

子供用の喪服もありますが、すぐに着られなくなってしまいますし、必ずしも用意する必要はありません。

男の子はブレザーとズボン、女の子はブレザーとスカート、ワンピースやカーディガンなどでもOKです。

黒、紺、グレーなどのものを着用し、ワイシャツやブラウスは白を選びましょう。夏場であればポロシャツでもよいでしょう。

靴は黒が無ければ白、紺、黒のスニーカーはOKです。派手な色やキャラクターは避けましょう。

赤ちゃんは基本的に喪服はありませんので、白または黒を基本にグレーなどモノトーンのものを選びましょう。

泣いたりぐずったりした時に、すぐに席を外せる場所で参列しましょう。

周囲の人への気づかいも心がけたいですね。

黒い服なら何でもOK?

お葬式に参列する際、黒ければビジネススーツやワンピースなどでも良いと思われている方もいらっしゃるのでは?

しかし、喪服とビジネススーツは一見同じように見えても、生地の色合いや質が違います。

喪服の生地は、特殊な染め方で光沢が出ないように仕上げられていますので、比べると色合いの違いは分かってしまうものが多いです。

葬儀の席には喪服の方しか集まりませんので、違いがより目立ちやすくなってしまいます。

マナー違反にならないためにも、喪服の代用としてビジネススーツやワンピースを着用することはおすすめできません。

最近では喪服もレンタルを利用する方が増えていますが、突然の訃報に慌てないためにも、冠婚葬祭に使えるフォーマルな服・靴・バッグなど、一式揃えておいたほうがよいでしょう。




家族葬をする前に

1

大切なご家族が亡くなったとき、やらなければいけないことのひとつが葬儀会社を決めることです。 人の死は突然ですから、その日を迎えたときに大抵の人は慌てて何をしていいかわからなくなってしまいます。 依頼す ...

2

Tumisu / Pixabay 大切なご家族とのお別れ...金銭的な面での後悔や揉め事には巻き込まれたくありませんよね。 しかし、葬儀を取り仕切る立場になるという経験はそうそうないものです。 どうし ...

3

burrowsp / Pixabay 最愛の方との最期のお別れ… 悔いの無い、いいお葬式をあげたいですよね! では、いいお葬式とはどの様なものでしょう… お金をかけて派手に盛大に送ること? 小さくても ...

-家族葬・葬儀の豆知識

Copyright© みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.