もしもの時にいい葬式社をお選びください。

みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介




家族葬・葬儀の豆知識

位牌について

投稿日:

位牌とは

亡くなられた方を偲ぶため、主に戒名を書いて仏壇に安置する木製の牌で、故人そのものといえる大事な物です。

一般的に、亡くなられたときにお寺から白木の位牌を頂きます。これは四十九日までの仮位牌になります。

没年月日・戒名・俗名・享年(数え年)などが記載された本位牌を、できるだけ四十九日の法要までに用意しましょう。

これは「故人の霊は四十九日を過ぎると仏のもとに向かう」とされているからです。

四十九日までに用意できない場合は、納骨や一周忌などの区切りに合わせて作るとよいでしょう。

位牌が完成したら、まず始めに開眼供養(かいげんくよう)を行います。開眼法要(かいげんほうよう)ともいいます。

これを行うと、位牌に魂が宿り手を合わせるべき対象、位牌としての役割を持つとされています。

開眼供養を終えた白木の仮位牌は菩提寺へと納められます。

 

開眼供養は、代々お世話になっている菩提寺に依頼するとよいでしょう。

寺院とお付き合いが無い場合は葬儀社や仏具店に紹介してもらいましょう。

四十九日法要と位牌の開眼供養は同時に執り行うのが一般的で、墓前で行う場合は納骨法要も併せて行います。

では、位牌は必ず作らなければいけないのでしょうか?

実は本人がいらないと考えるのであれば必要ありません。

ただし、位牌は故人の代わりとして供養の対象になる大切な存在です。

位牌を作らなかったことで「供養の仕方がわからない」、「供養ができていない気がする」といった意見もあります。

また、位牌はご遺族の心の拠り所となるもので、気持ちの支えになる役割もありますから、必要とされる方がほとんどなのです。

ご遺族でよく検討しましょう。

法要で魂入れを行った位牌は、家の仏壇に安置することになります。

仏壇は単に位牌壇ではなく、本尊をお祀りするための場所です。

先祖の霊がこの世に返ってきた時の仮の家とも言えます。

最近では、仏壇を置きたいけれどマンションやアパートなどで仏壇用のスペースを確保できない、家に和室がない(生活様式に合わない)、金銭的に購入が難しいなど、さまざまな事情で置けない、または置かないケースが増えてきています。

いまや、仏壇のない世帯の方が多いかもしれませんね。

そう言った悩みをお持ちの方には、コンパクトで見た目もインテリア調になっている仏壇もあります。

 

洋風の家や、仏壇を置くスペースが無い家でも、棚の上などに飾る感じで祀れます。

高いものでは数百万もする仏壇ですが、1万円~10万円程で購入できますので、置きたくても置けないという悩みを解消できますね。

しかし一方では、位牌や仏壇の管理・維持をすることができず、供養整理をする人が増えてきています。

位牌は供養してもらった菩提寺へ、仏壇は仏具店などに相談してみましょう。

お寺さんによっては供養後そのまま引き取ってくれるところもあるようです。

開眼供養にて、魂入れ(たましいいれ)や、お性根入れ(おしょうねいれ)を行っていますので、位牌や仏壇には故人やご先祖様の魂(霊)が宿っています。

処分するときには魂が位牌に宿ったまま処分してしまわないよう、魂抜き・お性根抜き供養を行いましょう。

 

お付き合いの深い菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいれば相談も出来ますが、そういった関係さえも煩わしいと感じる方が増えているのも実情のようです。

そのような場合に「位牌・遺影、仏壇の整理処分」を一式行なってくれる専門業者もあります。

また、葬儀社に相談するのもよいでしょう。

先祖代々の位牌や仏壇ですから、きちんと継承し、供養をしたいものですね。




家族葬をする前に

1

大切なご家族が亡くなったとき、やらなければいけないことのひとつが葬儀会社を決めることです。 人の死は突然ですから、その日を迎えたときに大抵の人は慌てて何をしていいかわからなくなってしまいます。 依頼す ...

2

Tumisu / Pixabay 大切なご家族とのお別れ...金銭的な面での後悔や揉め事には巻き込まれたくありませんよね。 しかし、葬儀を取り仕切る立場になるという経験はそうそうないものです。 どうし ...

3

burrowsp / Pixabay 最愛の方との最期のお別れ… 悔いの無い、いいお葬式をあげたいですよね! では、いいお葬式とはどの様なものでしょう… お金をかけて派手に盛大に送ること? 小さくても ...

-家族葬・葬儀の豆知識

Copyright© みんなの家族葬|全国の家族葬を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.